ヴァンガード・ハード研磨・SWEARガラスコーティング

中古で購入され、お持ち込み頂きましたヴァンガードの施工の様子を

ご紹介します。

 

 

入庫時は艶があり一見すると綺麗に見えたのですが…

 

 

 

 

 

 

洗車と下地処理にて油分を除去し、すっぴんの状態にすると

すさまじい傷が露になりました。

この状態のままコーティング剤を塗っても上手く定着しません。

また、コーティングして艶が出るどころかムラだらけになってしまいます。

ワックスを塗れば一時的に傷は埋まりますが、あくまで一時的に綺麗になったように見えるだけです。

根本的に解決するには塗装を研磨するしかありません。

私は何よりもこの「研磨」にこだわりがあり、最も時間をかけて行う作業です。

機械にこだわり、磨く素材にこだわり、研磨剤にこだわり、そして技術をとことん追求しています。

認定資格である「1級コーティング技能研磨士」も取得しています。

そのこだわりとは、「極力塗装を減らさない」ことです。

最近の自動車の塗装の厚さは100μ(ミクロン)前後です。(メーカー・車種はもとより1台1台異なります)

当店が研磨するのはそのうち30μ程のクリヤー層のごくわずかです。

食べ物の保存時に使用するラップの厚さが10μ程ですので塗装がどれだけ薄いかわかるかと思います。

ラップ3枚分程度のクリヤー層を1度に磨き過ぎると、再度洗車傷が増えたときに磨くことができなくなります。

1度の研磨で極力塗装を減らさないように、最大限の技術と経験と知識で施工しています。

機材があれば誰がやっても綺麗になるわけではありません。

それではヴァンガードの施工に戻ります。

ボディーカラーはプロでも綺麗に仕上げるのが困難と言われている202ブラックです。

磨き方を誤れば、バフ目(オーロラ)という磨き傷が付いてしまいます。

太陽の光がメラメラと燃えるように乱反射する車を見たことはありませんか?

あれは鈑金塗装後の磨きで付いたバフ目である可能性が高いです。

それでは特殊照明の下で入念に研磨していきます。

機械も数種類を使い分け、10時間かけて2工程の研磨を終えます。

研磨で出た粉と油分を綺麗に不純物を含まない純水で洗浄し、完全に乾燥させます。

インターバルを取りながらコーティング剤を塗布し、温度・湿度を調整して被膜を硬化させます。

上記の工程を経て生まれ変わった姿をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

あれだけ目立っていた小傷が消え、まるで新車の様に艶々に仕上がりました。

今回はお客様のご希望により親水性の被膜にしてあります。

施工させて頂いた「SWEARガラスコーティング」は撥水性と親水性の2種類あり、

好みや保管状況・ボディーカラー等を考慮して選択できます。

汚れにくく、付いた汚れも簡単に落ち、お手入れが劇的に楽になります。

素敵なカーライフを満喫してください。

この度のご依頼ありがとうございました。

またメンテナンスでの入庫をお待ちしております。

 

スバル・インプレッサ/鉄粉事故からコーティング再施工

今回は、知らないうちに大量の鉄粉が付着してしまい、保険を使っての鉄粉除去・

コーティング再施工となった事例をご紹介します。

 

ある日、洗車でお預かりしたところ、塗装に沢山の茶色い異物が付着しており、

洗っても落ちないことから鉄粉であると判断しお客様にご連絡させて頂きました。

お客様は異変に気付いておらず、状況を説明した上で保険会社への事故連絡と

保険適用かどうかの確認をお願いしました。

また、鉄粉が飛ぶような場所に行った記憶もないとのことでした。

私自身もボディー全体に鉄粉が付着するような状況というのがピンと来ず、

恐らく工事現場か解体工事が行われている付近に駐車したのではないかと

いう想像しかできませんでした。

 

後日、お客様より保険会社が現車確認に来たことと保険適用になる旨のご連絡を

頂き、改めて車をお預かりしました。

 

 

写真の撮り方が下手で申し訳ないのですが、窓ガラスにも付着した鉄粉の画像です。

鉄粉は専用の粘土を用いて除去していきます。

 

 

今回の鉄粉は一つ一つのサイズが大きかったため研磨粒子を含んだ粘土を使用しました。

そのため、粘土使用後のボディーは擦り傷だらけになってしまいます。

 

 

 

 

この傷を研磨で除去してコーティングする必要があります。

ボンネット半分の研磨画像です↓

 

 

細かい傷が消えているのがお分かり頂けるかと思います。

 

 

 

 

ボディーガラスコーティングプレミアム再施工が完成です。

 

 

今回保険が適用となったのが不幸中の幸いだったかと思います。

今後も洗車・メンテナンスできっちりフォローさせて頂きます。

VW・パサート/ボディー&メッキモールコーティング

輸入車によく見られるアルマイト処理されたメッキモールの腐食のお悩み相談から

施工させて頂きましたフォルクスワーゲン・パサートをご紹介します。

 

 

 

ルーフレールがご覧の通り真っ白に変色してしまっています。

 

 

 

ドアモールも同じく腐食しています。

 

 

それでは施工後をご覧ください。

 

 

 

 

続いてボディーに移ります。

施工前↓

 

 

 

 

 

水垢が固着し、洗車では落ちなくなっていました。

また、フロント周りは虫の死骸の汚れが固着しています。

加えてサイド部分はピッチタールの付着で汚れが溜まっています。

施工後をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

新車の輝きを取り戻しました。

メッキモールは専用のコーティングを、ボディーはガラスコーティングプレミアムをそれぞれ施工しました。

ちなみに施工に要した日数は3日間です。

この度のご依頼誠にありがとうございました。

今後は是非当店の純水洗車をご利用下さい。

アウディA4・ヘッドライトリペア

前回、ご紹介したレクサスHS・ヘッドライトリペア。

軽症だったため、コンパウンドを使った3工程研磨で綺麗になった事例ですが、

今回のアウディA4はひび割れたハードコートを全て取り除き、新たにハードコート層

を形成する必要がありました。

※画像をクリックすると拡大します。もう一度クリックすると元の表示に戻ります。

 

 

ハードコートがひび割れ、ささくれているのがわかります。

この状態になってしまうと、全て削り取る必要があります。

 

 

 

いきなり最終工程になりますが、紫外線で硬化するクリアーを塗り込み

UVランプを照射しています。

完全硬化後、さらにコーティング剤を塗ることで純正同等の耐久性になります。

参考価格:左右両側ヘッドライトリペア 21,600円(8%税込み)

黄ばみを自分で落としても、すぐにまた黄ばんでしまう場合にも有効です。

お気軽にお問い合わせください。

この度のご依頼、誠にありがとうございました。

 

 

レクサスHS・ヘッドライトリペア

お問い合わせの中で割と多いのがヘッドライトに関するお悩みです。

黄ばみ・ハードコートのひび割れ・剥がれetc・・・

専用クリーナーでのクリーニングだけで綺麗になる場合もあれば、

ハードな研磨が必要な場合もあります。

実際に車を見せて頂き、状況によっては薬剤の反応を見させて頂いてから

お見積りさせて頂きますので、まずはメール・電話・Facebookよりご連絡下さい。

 

 

今回新規でボディーコーティングのご依頼を頂きました経年車のレクサスHS。

ヘッドライトがくすんでいたためヘッドライトリペアも追加となりました。

 

 

 

実際に作業してみないとなんとも言えませんが、このHSは軽症で、3工程の研磨で

綺麗になりました。脱脂後に専用コーティング剤を塗布し乾燥させて作業終了です。

 

 

 

 

隅々まで綺麗になり、新車の輝きを取り戻しました。

この度のご依頼誠にありがとうございました。

ポルシェ・ボクスター/ボディーガラスコーティングプレミアム

経年車のポルシェ・ボクスターにボディーガラスコーティングプレミアムを施工させて頂きました。

※画像をクリックすると拡大表示できます。

 

大切に乗られているのが感じ取れ、塗装面の状態も比較的良好でしたが、

少々洗車傷が目立ち、黒のボディーカラーがくすんでいました。

高圧洗浄→クレンジング洗車→鉄粉除去→ピッチタール除去→水シミ除去と

作業を進めていくと、より微細な傷が浮かび上がってきます。

 

 

2工程研磨後、脱脂洗車を終えると・・・

 

 

細かい傷が消え、本来の黒さが戻ってきました。

この後コーティング剤を塗布し、遠赤外線ヒーターにて乾燥後のお引渡しとなりました。

この度はご依頼頂きありがとうございました。

また純水洗車・メンテナンスでのご入庫をお待ちしております。

2017年

明けましておめでとうございます。代表の宮本です。

本日より2017年の営業をスタートさせて頂きました。

今年は少しずつ施工事例を本ブログにてご紹介していきたいと思います。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

ホームページをリニューアルしました!

コーティング大分 風雅のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
この度、ホームページをリニューアルいたしました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。