手入れが難しい濃色車の入庫が増加しています。

最新の業務報告はFacebookにて!

当店でコーティングを施工させて頂いた車はもちろん、

他店やディーラーで施工した車、特に黒系の車の入庫が増えています。

メンテナンスプランも数種類ご用意しており、状態を見てご提案

させて頂きます。

 

早いもので2月もあと少しとなりました。

3月・4月は毎年入庫が多い時期となっています。

既に「新車を購入するけどディーラーのコーティングは断った」お客様

からの早期ご予約をたくさん頂いております。

ご予約はお早めにお願いしますね😊

 

年末年始休業日のお知らせ

年の瀬を迎え、お忙しい毎日かと存じます。

誠に勝手ではございますが、年末年始の当店の営業時間は下記の通りとさせて頂きます。

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦願います。

12月29日(金) 通常営業

12月30日(土) 15時まで営業

12月31日(日)~1月8日(月) 休業

1月9日(火) 通常営業

休業中もホームページお問い合わせフォーム及びメールでのお問い合わせは受け付けております。

できる限りご返信させて頂きますが、通常よりお時間を頂きますことをご了承願います。

コーティング大分 風雅

代表 宮本 真徳

ダイハツ・タントカスタム/ライト研磨&SWEARガラスコーティング

大分県別府市のカーコーティング専門店・コーティング大分 風雅の宮本です。

新車購入後2週間のダイハツ・タントカスタムにSWEARガラスコーティングを施工

させて頂きましたのでご紹介します。

 

入庫時は通常の汚れはもちろんですが、すでに洗車では落ちないシミが付着して

いました。

下地処理で汚れ・シミをケミカルを使い分けて除去したら、照明を当ててボディを

チェックします。

 

 

 

 

 

全体的にメーカーラインの最終工程で付いたと思われる磨き傷が目立ちます。

当店のような強い照明下でなければ気付き難い傷です。

この傷を除去しなければガラスコーティング本来の艶・光沢は得られませんし、

最良の防汚性を得ることはできません。

コーティングの耐久性にも影響を与えます。

しかしながら、ディーラーやガソリンスタンド等においては、この傷に気付かずに

このままコーティング剤を塗るのが当たり前となっています。

新車でも状態に応じた研磨は必要です。

当店をご利用頂くお客様には研磨の重要性をしっかり説明するようにしています。

 

 

 

 

1工程のごくごく軽い研磨で塗装本来の艶・光沢を引き出します。

技術が無ければ、

新車を磨く=傷を増やす=かえって汚くなる

ということになりかねません。

 

塗装をしっかり整えた上でSWEARガラスコーティング・DC-01を塗布することで

このコーティングの持つ優れた性能を最大限引き出します。

 

 

 

オーナー様にお引渡し時、「新車でもこんなに変わるんですね!」と大変喜んで

頂けました。

ここからが当店とお客様のお付き合いの始まりです。

洗車・メンテナンスをご利用頂き、この綺麗な状態を末永く維持できるよう

お手伝いさせて頂きます。

この度のご依頼まことにありがとうございました。

 

SWEARガラスコーティングの料金表はこちら

 

ご予約・お問い合わせはこちら

ディーラーコーティングとの違い

大分県別府市のカーコーティング専門店・コーティング大分 風雅の宮本です。

お客様からの質問の中でも多いのが、「ディーラーで新車を買うときにしてもらうコーティングとの違いは何ですか?」

というものです。

大きく分けて3つあります。

 

1.使うコート剤の違い

車をコーティングするコート剤の性質がそもそも違います。

ディーラーでは誰でも簡単に施工できる難易度の低いコート剤を使用しています。

そのため、営業マンが2~3時間程度でサッと施工するケースがほとんどです。

そのようなコーティングが長期間持続するのか疑問に思います。

一方、当店で使用するコート剤は扱いが難しく、プロでも簡単には施工できません。

同じ「ガラスコーティング」でも、成分・濃度・硬化速度・硬化後の被膜等が全く違うのです。

各ディーラーがオプションで販売しているコーティングのコート剤を取り寄せ検証した結果、

当店の基準を満たすものはありませんでした。

※あくまで当店独自の基準と感想です。

 

2.施工環境の違い

ガラスコーティングは空気中の酸素・水分と化学反応を起こし硬化していきます。

そのため、適切な温度・湿度環境のもと施工することがとても重要です。

同じコート剤を使ったとしても、この「施工環境の違い」で耐久性・光沢・防汚性・撥水性等が

全く変わってきます。

残念ながら、当店のようなコーティング専用ブースを備えたディーラーはほとんどありません。

 

3.アフターフォローの違い

どんなに高価なコーティングを施工しても、洗車だけでは落ちない汚れは付着しますし、

洗車を重ねれば洗車傷も入ります。そういった事態にディーラーでは対応できず、外注に出すケースが

一般的です。

「ちょっと小傷が入ったので消してほしい」と言っても、「コーティングが剥がれるのでできません」では

本末転倒です。

コーティングをした後に付着する様々な汚れ(雨ジミ・鉄粉・ピッチタール等)をコーティングを傷めずに

除去、あるいはダメージを最小限に抑えて除去する術が当店にはあります。

また、当店でコーティングを施工させて頂いたお客様にご利用頂ける「純水を使用した手洗い洗車」も

ご用意しております。

 

当店とディーラーとのコーティングの違いを簡単に説明しましたが、おわかり頂けましたか?

お店選びの参考になれば幸いです。

料金表はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

施工証明書

大分県別府市のカーコーティング専門店・コーティング大分 風雅の宮本です。

当店ではボディーコーティング施工時に「施工証明書」を発行しております。

この施工証明書は事故等で破損した箇所を車両保険を使って修理する場合に、

修理箇所のコーティング再施工代金を保険会社に請求する権利を発生させます。

申告して認められれば、下地処理・研磨・コーティングといった代金が保険で賄えますので施工証明書は大切に保管して下さい。

 

 

また、保険会社にコーティングをしている旨を伝えるのを忘れないようにしてください。

当店では鈑金塗装も受け付けており、厳選した腕の確かな業者さんと提携させて頂いております。

事故を起こした・事故にあった時、ご相談頂ければ保険会社との協定・鈑金塗装・コーティングまでトータルでお任せ頂けます。

代車もご用意しておりますので、事故の際はまず1度ご相談頂ければ幸いです。

 

BMW545i(E60)/ハード研磨+SWEARガラスコーティング他

平成17年式BMW545i(E60)

新車時に他社でコーティング施工後、4年前まではメンテナンスを受けていたものの、

この4年間は洗車以外何もしていなかったのでリフレッシュしたいということでご入庫

頂きました。

 

 

※画像をクリックすると拡大、もう一度クリックすると元に戻ります。

 

 

入庫時は画像の様に黄砂などでかなり汚れていたため洗車・クレンジング後に状態を

見ます。

 

 

 

古いワックス等の油分・鉄粉・ピッチタールなどの汚れを落とし、塗装の状態を把握

します。

 

 

 

 

塗装面・ガラス・サンルーフにシリカスケールがびっしり付着していました。

まずはこのスケールをケミカルを使用して除去していきます。

 

 

 

スケールを除去すると経年で付いた細かい傷が現れます。ここからようやく研磨に

取り掛かれます。

 

 

ガラス面は全て機械と専用研磨剤で磨き上げました。また、綺麗に磨いた後にガラス

専用のコーティングを施すことでスケールが付きにくくなります。

 

 

非常に綺麗だったホイールですが、さらに綺麗にする為に細部を洗浄します。

 

 

 

ボルト周辺の普段なかなかお手入れが行き届かない部分も綺麗にしていきます。

 

 

腐食したアルマイト処理されたメッキモールも研磨していきます。

 

 

左側が研磨後です。今回は腐食がかなり進行していたため、若干のシミを残して

います。(磨き過ぎると地が出る恐れがあります)

メッキモール専用のコーティングでシミ・腐食を防止します。

 

 

入庫時のヘッドライト。

ハードコートがひび割れを起こしています。

 

 

上部が特にガサガサになっています。

ヘッドライトリペアを施工していきます。

 

 

 

 

劣化したハードコートを1度すべて除去します。

数時間かけて磨き上げ、ヘッドライト専用のコーティングを塗布します。

今回のケースのようにハードコートのひび割れ・劣化がある場合には、DIYでは難しい

上にリスクも伴います。

カー用品店等で販売されている市販品では対処できませんので、当店にご相談くだ

さい。

 

 

 

このヘッドライトリペアは問い合わせが非常に多く、人気メニューとなっています。

ヘッドライトの黄ばみ・くすみ・白濁・ハードコートの劣化・ひび割れは、光量を著しく

降下させ、車検に通らないケースが多々あります。

ディーラーなどでは新品への交換を薦めることがほとんどで、そうなると10万円〜車種

によっては数十万円する場合もあります。

ヘッドライト内部の曇り・変色は対応できませんが、外部であればなんとかなることが

多いので、まずは1度ご相談下さい。

 

 

未塗装パーツ・樹脂部分もクリーニング後に専用のコーティングを。

右が施工後です。

本来の黒さに復元します。

 

 

 

軽く擦ってしまった傷もハード研磨においてはここまで目立たなくします。

鈑金・塗装に出すとこれだけで数万円の出費となってしまいます。

 

 

 

極力塗装に負担を掛けない研磨で復元したボディーは、本来の発色を取り戻します。

 

 

 

 

 

 

お客様に状態を詳しくご説明させて頂き、当店の見積もりとお客様のご予算を擦り合

わせた上での仕上がりにご満足頂けたようで安心しました。

これから末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

 

今回の施工は・・・

ボディー:ハード研磨&SWEARガラスコーティング

ガラス面:全面油膜・ウロコ除去研磨&撥水コーティング

メッキモール:研磨&コーティング

ヘッドライト:ヘッドライトリペア

ホイール:洗浄&コーティング

未塗装部分・樹脂部分:洗浄&コーティング

室内:簡易清掃

以上の内容となっています。

中古車を購入した場合や古くなって愛着が薄れてしまったお車をリフレッシュしたい

方にお勧めの外装フルコースとなりました。

かんたん無料見積もり依頼フォーム

3月の入庫車両(一部)

あっという間に3月が終わってしまいました。

おかげさまで忙しくさせて頂き感謝申し上げます。

入庫車両の一部をご紹介させて頂きます。

 

 

プリウス・コーティング定期メンテナンス

 

 

ボルボV40・コーティング定期メンテナンス

 

 

ヴェルファイア・ガラスコーティングプレミアム施工

 

 

同じくヴェルファイア・ガラスコーティングプレミアム施工

 

 

ランドクルーザー・ガラスコーティングプレミアム施工

 

 

リーフ・ガラスコーティングプレミアム施工

 

この他にも沢山のご入庫を頂きました。

4月はまだまだご予約受け付けております。

車のコーティングはコーティング専門店へ。

ご依頼お待ちしております。

ヴァンガード・ハード研磨・SWEARガラスコーティング

中古で購入され、お持ち込み頂きましたヴァンガードの施工の様子を

ご紹介します。

 

 

入庫時は艶があり一見すると綺麗に見えたのですが…

 

 

 

 

 

 

洗車と下地処理にて油分を除去し、すっぴんの状態にすると

すさまじい傷が露になりました。

この状態のままコーティング剤を塗っても上手く定着しません。

また、コーティングして艶が出るどころかムラだらけになってしまいます。

ワックスを塗れば一時的に傷は埋まりますが、あくまで一時的に綺麗になったように見えるだけです。

根本的に解決するには塗装を研磨するしかありません。

私は何よりもこの「研磨」にこだわりがあり、最も時間をかけて行う作業です。

機械にこだわり、磨く素材にこだわり、研磨剤にこだわり、そして技術をとことん追求しています。

認定資格である「1級コーティング技能研磨士」も取得しています。

そのこだわりとは、「極力塗装を減らさない」ことです。

最近の自動車の塗装の厚さは100μ(ミクロン)前後です。(メーカー・車種はもとより1台1台異なります)

当店が研磨するのはそのうち30μ程のクリヤー層のごくわずかです。

食べ物の保存時に使用するラップの厚さが10μ程ですので塗装がどれだけ薄いかわかるかと思います。

ラップ3枚分程度のクリヤー層を1度に磨き過ぎると、再度洗車傷が増えたときに磨くことができなくなります。

1度の研磨で極力塗装を減らさないように、最大限の技術と経験と知識で施工しています。

機材があれば誰がやっても綺麗になるわけではありません。

それではヴァンガードの施工に戻ります。

ボディーカラーはプロでも綺麗に仕上げるのが困難と言われている202ブラックです。

磨き方を誤れば、バフ目(オーロラ)という磨き傷が付いてしまいます。

太陽の光がメラメラと燃えるように乱反射する車を見たことはありませんか?

あれは鈑金塗装後の磨きで付いたバフ目である可能性が高いです。

それでは特殊照明の下で入念に研磨していきます。

機械も数種類を使い分け、10時間かけて2工程の研磨を終えます。

研磨で出た粉と油分を綺麗に不純物を含まない純水で洗浄し、完全に乾燥させます。

インターバルを取りながらコーティング剤を塗布し、温度・湿度を調整して被膜を硬化させます。

上記の工程を経て生まれ変わった姿をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

あれだけ目立っていた小傷が消え、まるで新車の様に艶々に仕上がりました。

今回はお客様のご希望により親水性の被膜にしてあります。

施工させて頂いた「SWEARガラスコーティング」は撥水性と親水性の2種類あり、

好みや保管状況・ボディーカラー等を考慮して選択できます。

汚れにくく、付いた汚れも簡単に落ち、お手入れが劇的に楽になります。

素敵なカーライフを満喫してください。

この度のご依頼ありがとうございました。

またメンテナンスでの入庫をお待ちしております。

 

スバル・インプレッサ/鉄粉事故からコーティング再施工

今回は、知らないうちに大量の鉄粉が付着してしまい、保険を使っての鉄粉除去・

コーティング再施工となった事例をご紹介します。

 

ある日、洗車でお預かりしたところ、塗装に沢山の茶色い異物が付着しており、

洗っても落ちないことから鉄粉であると判断しお客様にご連絡させて頂きました。

お客様は異変に気付いておらず、状況を説明した上で保険会社への事故連絡と

保険適用かどうかの確認をお願いしました。

また、鉄粉が飛ぶような場所に行った記憶もないとのことでした。

私自身もボディー全体に鉄粉が付着するような状況というのがピンと来ず、

恐らく工事現場か解体工事が行われている付近に駐車したのではないかと

いう想像しかできませんでした。

 

後日、お客様より保険会社が現車確認に来たことと保険適用になる旨のご連絡を

頂き、改めて車をお預かりしました。

 

 

写真の撮り方が下手で申し訳ないのですが、窓ガラスにも付着した鉄粉の画像です。

鉄粉は専用の粘土を用いて除去していきます。

 

 

今回の鉄粉は一つ一つのサイズが大きかったため研磨粒子を含んだ粘土を使用しました。

そのため、粘土使用後のボディーは擦り傷だらけになってしまいます。

 

 

 

 

この傷を研磨で除去してコーティングする必要があります。

ボンネット半分の研磨画像です↓

 

 

細かい傷が消えているのがお分かり頂けるかと思います。

 

 

 

 

ボディーガラスコーティングプレミアム再施工が完成です。

 

 

今回保険が適用となったのが不幸中の幸いだったかと思います。

今後も洗車・メンテナンスできっちりフォローさせて頂きます。

VW・パサート/ボディー&メッキモールコーティング

輸入車によく見られるアルマイト処理されたメッキモールの腐食のお悩み相談から

施工させて頂きましたフォルクスワーゲン・パサートをご紹介します。

 

 

 

ルーフレールがご覧の通り真っ白に変色してしまっています。

 

 

 

ドアモールも同じく腐食しています。

 

 

それでは施工後をご覧ください。

 

 

 

 

続いてボディーに移ります。

施工前↓

 

 

 

 

 

水垢が固着し、洗車では落ちなくなっていました。

また、フロント周りは虫の死骸の汚れが固着しています。

加えてサイド部分はピッチタールの付着で汚れが溜まっています。

施工後をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

新車の輝きを取り戻しました。

メッキモールは専用のコーティングを、ボディーはガラスコーティングプレミアムをそれぞれ施工しました。

ちなみに施工に要した日数は3日間です。

この度のご依頼誠にありがとうございました。

今後は是非当店の純水洗車をご利用下さい。